妊娠中でも安心して飲める便秘茶は?

MENU

妊娠中の便秘

女性の2人に1人は、便秘!といわれるほど便秘症の女性は多いですが、
妊娠したことによりますます便秘が酷くなる方や
妊娠前は便秘知らずだったのに、急に便秘になる方も!

 

妊娠中に、便秘が悪化したり、急に便秘になってしまう原因は、
つわりのため食べられなくなり便量が減ってしまった。
妊娠したことで黄体ホルモンの分泌が活発になり、腸の動きが鈍くなった。
また、胎児が大きくなるにつれ腸が圧迫され便秘になってしまうなどさまざまですが、
デリケートな時期だけに、下剤を飲んで出すのもちょっと……という方も多いはず。

 

食物繊維を多く含む食べ物を食べたり、
便に水分を含ませ柔らかくするために水分補給をマメに行うなど努力はしているつもりなのに、
なかなか出てくれない、という悩める妊婦さんの間で
今、注目&人気を集めているのが便秘茶です。

 

確かに、便秘茶なら水分補給も同時に出きるので一石二鳥!ですから、
便秘に悩んでいる妊婦さんは、「便秘茶を飲んで便秘を解消しましょう」と
便秘解消の達人もおススメしたいところではありますが、
便秘茶ならどれを飲んでもいい訳ではありません。

 

選び方や飲み方を間違えてしまうと、胎児に悪影響を及ぼしたり、
早産や流産のリスクも高まるなど便秘で悩んでいる!
どころの話しではなくなってしまうこともあり得るので注意が必要です。

妊娠中避けるべき成分

  • ・センナ
  • ・カフェイン
  • ・タンニン
  • ・ニーム、サフラン、ラズベリーリーフなどのハーブ

 

 

【妊娠中注意すべき成分】

  • ・カテキンは、葉酸の働きを阻害する可能性があるので控えましょう
  • ・タンニンは鉄分の吸収を邪魔するので摂取量に注意が必要です

妊娠中でも安心して飲める便秘茶とは?

上記のように、妊娠中避けるべき成分と注意が必要な成分などがあるので
便秘茶を選ぶときには、パッケージに記載されている成分を確認する必要があります。

 

ちなみに、リアル店ではなく通販で便秘茶を購入される場合も
公式サイトを見れば成分の記載があるので、必ず確認のうえ購入するようにしましょう。

 

と、いっても他にも妊娠中は避けた方がいい成分とか沢山あるんじゃないの?
という方もいることと思いますし、
確かに列挙した成分は妊娠期や授乳期に避けた方が良いとされる代表的な成分であって、
それ以外はすべてOKという訳ではありません。

 

ですが、パケージなどを良く見てみると上記のような妊娠中避けるべき成分が含まれている場合、
「妊娠中・授乳中の方にはおすすめできません」とか「妊娠中の方は飲用をお控えください。」など
注意書きがあるので成分で判断するのは難しいという方は、
そういった注意書きがあるか否か、で判断するといい!といいたいところですが、
残念ながら妊娠中に摂取するに相応しくない成分が含まれているにも拘らず、
そういった注意書きのない便秘茶も出回っています。

 

なので、やはり配合成分をチェックするのが一番ですが、
いちいち成分を確認するのは大変という方は「妊娠中でも安心して飲むことができます」といった
表記がなされている便秘茶を選ぶと良いでしょう。

 

でも……「妊娠中は避けてください」という注意書きもなければ「
安心して飲めます」という表記もないけれど、人気があるので飲んでみたい!
なんて便秘茶もあるかもしれませんね。そんなときは、
迷っていないでお客様センターなどに問い合わせて「妊娠中ですが、
飲んでも問題ありませんか?」と単刀直入に聞いてみましょう。

 

「大丈夫!」と勝手な思い込みで飲んだ便秘茶が
赤ちゃんの健やかな成長を妨げることになってしまってからでは、
後悔してもしきれません。
心配な場合は、確認する。「飲んでも大丈夫」という回答を得た場合も
用量や濃さを間違えないように気をつけて!!

 

妊娠中も安心して飲める便秘茶で、脱便秘を目指しましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消の達人が選んだNo1便秘茶はこちら

関連ページ

高齢茶の便秘に最適の便秘解消法は?
高齢者の便秘の場合は、蠕動運動の低下、運動不足による筋肉の低下、筋力の衰え、水分摂取量の減少、腸内環境の悪化、薬による副作用、便意反射機能の低下などの原因が考えられます。ここでは高齢者の便秘に最適な便秘解消法を紹介します。