高齢茶の便秘に最適の便秘解消法は?

MENU

高齢者の便秘

性別を問わず、加齢に伴い便秘に悩む方が多くなる、
ということは知っていても解消法が分からない、
という方も多いのではないでしょうか?

 

高齢者の便秘の原因は、蠕動運動の低下、
運動不足による筋肉の低下、筋力の衰え、水分摂取量の減少、
腸内環境の悪化、薬による副作用、便意反射機能の低下など
非高齢者同様にさまざまですし、残念ながら1つではなく
複数の原因・要因により引き起こされていることも少なくありません。

 

もちろん、器質的な疾患が原因ということもありますが、
実はそれ以上に食習慣や運動不足など普段の生活を見直し改善することで
解消出来るケースが多いのです。

高齢者の便秘に有効な便秘解消法!

食事内容を見直す

加齢と共に、消化機能は衰えてくるものですし若いころと比べると
消費カロリーも少ないのでおのずと食事の量も減ってくるもの。
また、尿漏れや夜中のトイレのことを気にして水分量を減らす高齢者も多いですし、
喉の渇きを感じにくくなり自然と水分摂取量が少なくなってしまう高齢者もいます。

 

食事量が減ると便の量も減ってしまいますし、
さらに、水分も控えてしまう&摂取量が少なくなると便量自体が少ないところに、
便に含まれる水分も少なくなるので便が硬くなり便秘になってしまいます。

 

だからといって、便形成のためだけに食事量を増やす。若いころのように沢山食べる、
のは難しいと思いますし、高齢になると食事の量が減るのは必然的なものなので
量だけに拘ることはありませんが、便の量を増やすために食物繊維を積極的に摂取する。

 

排便時に潤滑油の役目を果たしてくれる「油」も
適度に摂取できる献立を考えるなど一工夫すると良いでしょう。
水分については、お味噌汁や牛乳、ジュース、お茶を飲むなどして
控えるのではなく意識的に摂取することをおススメします。

 

ちなみに、通じを促してくれる便秘茶を飲むと同時に水分補給もできるので一石二鳥!

 

適度に体を動かす

蠕動運動の低下、運動不足による筋肉の低下、筋力の衰えにより
便秘になってしまっている高齢者は、お散歩したり、ストレッチをするなど
インナーマッスルを鍛えるために適度に体を動かす習慣をつけましょう。

 

無理にハードな運動をする必要はありません。
少し体を動かすだけでも低下した機能はある程度取り戻すことができ、
インナーマッスルも向上するので排泄がスムーズになるはず。
無理せず、毎日続けることが大切です。

 

薬&サプリメントによる副作用を排除する

生活習慣病をはじめ、持病がありお薬を常用されている高齢者は多いと思いますが、
お薬に含まれる成分によっては副作用で便秘になっていることもあります。
便秘が長く続いているのであれば、いちど主治医に相談してみましょう。
(複数の病院からお薬が処方されている場合は、
お薬手帳を持参するなど服用中のお薬全てを示せる状態で受診しましょう)

 

また、最近、「健康食品のひとつグルコサミンが便秘を引き起こす原因になることがある」という
報告があがってきているのでグルコサミンを飲まれている方は、
服用を中止し様子をみるといいかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消の達人が選んだNo1便秘茶はこちら

関連ページ

妊娠中でも安心して飲める便秘茶は?
つわりのため食べられなくなり便量が減ってしまった。 妊娠したことで黄体ホルモンの分泌が活発になり、腸の動きが鈍くなった。また、胎児が大きくなるにつれ腸が圧迫され便秘になってしまうなどさまざまですが、下剤を飲むのは避けたいですよね。ここでは妊娠中でも安心して飲める便秘茶を紹介します。