便秘茶ってお腹痛くならない?

MENU

便秘茶ってお腹痛くならない?

市販の便秘薬や下剤に頼ったことのある方の中には、
もしかしたら経験した方もいるのではないでしょうか。

 

薬を飲んだときの「腹痛」
人によっては、便秘薬の用法・用量を守っているのに、
冷や汗が出るほどの腹痛が起きてしまったりする場合もありますよね。
脱水症状のような症状を感じる方もいらっしゃるそうです。

 

幸い、体質なのか便秘解消の達人はここまで激しい腹痛に見舞われたことはありません。
しかし、下剤を服用したときに腹痛を起こす人が身近にいて、つらさは多少分かります。
本当に、顔面蒼白になって体を折り曲げてしまうくらい、つらいんですよね…。

なぜ下剤や便秘薬を飲むと腹痛になるのか

下剤や便秘薬を飲んで下痢になるのはなんとなく分かるのですが、
どうして腹痛が起きるのでしょう。

 

それは、そもそも便秘薬や下剤が、腸を刺激して無理に排便させようとするものだから。
本来は、腸の蠕動運動が弱って便秘が起きているのに、
無理やり動かそうとしているのだから、当然腸には負担がかかりますよね。

 

また、下痢は、腸の動きが早くなることで水分を吸収できなくなり、
便と一緒に排出されているために起きます。
水分が吸収できないということは、その分、便のかさが増えます。
便のかさが増える=腸を圧迫するということなので、これによっても腹痛が起きるようです。

 

一方、便秘茶は「薬」ではない分、自然に排便を促しているから大丈夫、
というイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。

 

便秘茶には下剤と同じ働きの成分が含まれている場合が殆ど

現在販売されている便秘茶には、
基本的に「キャンドルブッシュ」というハーブが配合されています。
このキャンドルブッシュをお湯で抽出すると『センノシド』という成分が抽出されるのですが、
このセンノシドは、大腸を刺激し、水分の吸収を抑え、排便を促進する効果があります。

 

下剤とほぼ同じ効果ではあるのですが、
既存の下剤よりは自然に近い形で排便を促してくれます。

 

既存の下剤などを使うよりは、腹痛や吐き気などの副作用が少ないといわれています。
そのため、妊婦さんや高齢者にも使用できる薬となっています。
ちなみに、大腸の検査や手術などで便を出さなければいけない場合にも、
センノシドが使われているようですよ。

 

ただし、少ないとはいえ副作用として腹痛や吐き気・嘔吐などが起きる可能性はあります。

 

以上は医薬品としての『センノシド』の効果について調べたことですが、
便秘茶の成分としてセンノシドが含まれている以上、多少は同じ内容が当てはまります。
もちろん、下剤として使われるよりも、基本的には便秘茶の規定の用法・用量に含まれる
センノシドの量は低くなっています。

絶対に腹痛が起きないとは言えません。が…

ただでさえ副作用が少ないといわれているセンノシド。
しかも下剤として利用されるよりも摂取量は少ないとなれば、
腹痛などの副作用が起きる可能性は、
市販の下剤などと比べればだいぶ低いといえるでしょう。

 

でも、こればかりは体質にもよりますし、100%副作用が起きないとは言えません。
99.99%の人には激しい副作用は起きないかもしれませんが、
もしかしたら0.01%の人には副作用が起きるかもしれないのです。
「絶対」は、基本的にありえません。

 

便秘茶の良いところは、こういったリスクを避けるために、
自分で濃度や量を調節できることだと便秘解消の達人は思います。
最初は薄めの便秘茶を量を減らして試し、
様子を見て濃度や寮を調節するようにすれば、
副作用で苦しむことも更に少なくなるでしょう。

 

人間の体って面白くて、同じ人でもその日の体調によって、
薬や健康茶の効き方が違ったりします。
「腹痛などの副作用がないわけではない」ということを理解した上で、
自分で摂取量を調節するといった、
自分なりの「おなかが痛くなりにくい」便秘茶との付き合い方を考えるのが、
便秘茶を賢く生活に取り入れるコツなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消の達人が選んだNo1便秘茶はこちら

関連ページ

センナとキャンドルブッシュって下剤なの?
一昔前に便秘にはセンナ茶がいいと評判を呼びました。たしかに便秘には効果があったのですがセンナ茶は下剤であることから発売を自粛せざるを得なくないました。その代り今ではキャンドルブッシュという成分が使われています。
便秘茶メーカーが良く言うHACCP対応工場って何?
便秘に効くお茶のサイトを読んでいると、当社はHACCP対応の工場で生産しているので安心ですとかって書いてありますが、このHACCP工場っていったい何なのか?説明します。
妊娠中、授乳中に便秘茶を飲んでも大丈夫?
妊娠中や授乳中に便秘になる人って結構多くて、その期間は便秘薬は禁止なので、便秘に効くお茶などに頼る時期なのですが、はたして妊娠中・授乳中に便秘茶は飲んでも大丈夫なのでしょうか?解説します。
本当に便秘茶で便秘が治るの?
便秘を治す方法はたくさんありますが、はたして便秘茶だけで便秘は治るのでしょうか?便秘解消の達人の経験を元に本当のところ・・を暴露しちゃいます。
便秘茶はお茶の代わりに飲めるの?
よく、便秘に効くお茶を一日に何杯も飲んでいいのか聞かれます。つまり便秘茶をお茶代わりに飲んでもいいのか?ということ。答えはNOです。便秘茶には下剤成分のセンノシドが含まれているので薬だと思って飲むのが正しいのです。
ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)ってどんな成分?
便秘に効くお茶に必ず入っているのがゴールデンキャンドル=キャンドルブッシュです。これが入っていないとお通じがでないのです。ではこのゴールデンキャンドルってどんな成分なのでしょうか?便秘解消の達人が解説します。
肌荒れに便秘茶が効くって本当?
便秘に効くお茶を飲んでいると肌荒れがよくなったという口コミをよく目にします。これってどういう因果関係があるのでしょうか?肌荒れと便秘の関係から便秘解消の達人が解説します。