なかなか出ない人向けとっておきの便秘解消法

MENU

なかなかでない便秘

便秘にもいろいろな種類・症状がありますが、
便意もあるし便が肛門の近くまで来ているのに
「なかなか出ない」で苦しんだ経験をお持ちの方、
また今まさにその状態で苦しんでいる、という方もいるのではないでしょうか?

 

便秘解消の達人も以前は、そうでした。
出口まで来ているのに、いくら力んでもなかなか出ない!
と苦しんだ口でホント産みの苦しみ?を何度も経験しました。

 

そして、何十分、何時間と格闘した挙句出たのは、
ウサギのウンチ級のコロコロした小さなウンチ……
酷い時には、肛門が切れて出血しちゃったことも!

 

便秘予防のためには、「食生活に気をつけましょう」とか
「適度な運動が大切」などいろいろといわれていますが、
便が既に肛門の近くまで来ているのに
「なかなか出ない」といった事態を迎えたときに、
予防法を試みても間に合いません(苦笑)。

 

では、そんな時はどうしたらいいのでしょう?

まず試して欲しいこと!

力の限り目一杯力むのではなく、肛門周辺の筋肉をほぐすために、
出したり引っ込めたりを繰り返す。

 

ウオシュレットがあるなら、肛門を広げやすくするために
温かい水を肛門にプッシュするなどして刺激を与えてあげるといいでしょう。

 

この段階で、出てくれればホッと一安心ですが、それでも出ないなら、
一旦便座から離れ少し歩いたりして便意が来るのを待ち、もよおして来たら再びトライ!

 

すると、さっきまであんなに苦労していたのにどうしたの?
ってくらいすんなり出てくれることもあります。

それでも出てくれないときは!

ですが、それでも出てくれない場合もありますし、腹痛があり、
上記のような手順を踏み出てくれるまで気長に待つ
なんて状況ではないこともありますよね。

 

便が肛門近くまで来ているのに出てくれないのは、
例えるならしばらく使っていなかったボンドを使おうとしたけれど、
出口付近で固まってしまい穴が塞がってしまっているため
いくら押しても出てこない状態と同じですから、
固まった部分を取除くしかありません。

 

便秘解消の達人は、最終手段として指でかき出したことがあります。

 

これは、医療行為でいうところの「摘便」です。
笑い話ではありませんが、なかなか出ないので綿棒や割り箸を使った!
なんて人もいるようですが、道具を使うと肛門を傷付けてしまう可能性があるので、
指でかき出すのがベストだと便秘解消の達人は考えます。

 

使い捨て手袋などを着用して、コールドクリームやワセリン、グリセリン、オリーブ油などの
潤滑剤をつけて肛門を傷つけないように優しく便を取除くと開通し、
奥でスタンバイしていた便も気持ちいいくらい出てきてくれます♪

 

といっても、指でかき出すことには抵抗がある、という方もいるでしょうし、
トライしても上手くいかない、という方もいるかもしれません。
そんな方は、肛門科を受診し専門医に相談するしかないと思います……

ワンポイントアドバイス

なかなか出ないときの対処法をご紹介してきましたが、
肝心なのはそもそも「なかなか出ない」という状態に陥らないように普段から気をつけること。

 

便秘解消の達人は、あれこれ便秘対策を講じたり、
トイレで格闘したりを繰り返した結果、「また、便秘になりかけているかも?!」
という時には、便秘茶を薄めに作り飲むようになりました。

 

その甲斐あって、今は「なかなか出ない」とトイレで苦しむこともなくなりましたよ(苦笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消の達人が選んだNo1便秘茶はこちら

関連ページ

頑固な便秘に試して欲しい便秘解消法
頑固な便秘の原因は「ねじれ腸」や「落下腸」は、日本人特有の原因がある人も多く、もし、こういった「腸の形」に問題がある場合は・ねじれ腸解消運動 ・落下腸マッサージなどを試してみる事をおすすめします。
慢性的な便秘の人向けの便秘解消法
慢性的にお腹が張る、便秘が続くような場合は慢性的便秘と言われ、急性便秘となった時に適切な対処がされなかった為になってしまう便秘です。