MENU

慢性的便秘

便秘といえば、女性に多い、というイメージがありますし、
実際女性の2人に1人は便秘に悩んでいる、ともいわれています。
ですが、食の欧米化が進んだ現代においては
男性の中にも便秘に悩む方が増加傾向にあるとか。

 

また、環境の変化や過度のストレス、極度の緊張、
病気などが原因で起こる急性便秘ではなく、
便秘が習慣化してしまった慢性的便秘に悩まされる方も非常に多く、
ある統計によると優に700万人を超えているそうです。

 

慢性的便秘は、体が重くなる、ポッコリお腹になる、
腹痛に見舞われる、肌荒れが起きる、体臭や口臭がきつくなる、
肩こりになる、冷え性になる、痔になるなどさまざまな不調をもたらす原因になることも!

 

それから、放置しておくと大腸がんや直腸がん、腸閉塞など
重篤な病気になってしまうこともありますし、
イライラしたり不眠になったりと精神衛生上もよくありません。

慢性的便秘の原因

そもそも、慢性的便秘は急性便秘になった時に、
適切な対処を行わず便秘状態を長引かせてしまった結果
起こってしまうものですが、
ひと言に「慢性的便秘」といってもさまざまな種類がありますし、
その原因や要因もいろいろ。

 

ですから、慢性的便秘を解消するためには、
便秘になってしまった原因・要因を知り、原因・要因を取除かなければなりません。

 

慢性的便秘の主な原因・要因

 

・運動不足による筋肉の低下に伴い、腹筋や腸の蠕動運動の機能が低下することで起こる「弛緩性便秘」

 

・糖尿病や大腸がん、過敏性腸症候群などの病気が伴う「症候性便秘」

 

・ストレスや生活習慣の乱れによる「痙攣性便秘」

 

・持病などのため飲んでいる薬による副作用のために起こっている便秘

 

・先天性もしくは後天性の腸の機能欠如に伴う便秘

 

・偏食やダイエットのための栄養不足、乱れた食生活により引き起こされる便秘

 

・便意をもよおしたときに我慢することが多いなどタイミングを逃し続けたことで便意をもよおすための信号が送られなくなった&機能不全に陥ったことによる直腸性の便秘

 

慢性的な便秘の人向けの便秘解消法とは?!

慢性的な便秘を解消するためには、
便秘の原因&要因を取除くしかありません。

 

病気が原因の場合は、専門医を受診し治療を
施してもらうことはいうまでもありませんが、
特定の薬を飲み始めた時期と便秘が始まった時期が重なっている?!
と思われる場合も、医師に相談してみましょう。

 

病気や薬以外を原因として慢性的な便秘になっている場合、
例えばストレスが原因と思われるのであれば
ストレスを溜め込まないように上手に発散する、
食生活が原因であれば食事内容を見直すなどしましょう。

 

ちなみに、食物繊維が多く含まれる野菜などは
腸をキレイにしてくれるといわれています。
また、腸内環境を整え蠕動運動を活発にする作用もあるので
便秘の方は積極的に摂取すべき食べ物といえます。
ですが、実は、摂取方法を間違えたり、過剰摂取すると腸内で
ガスを発生させてしまい逆に便秘の原因になってしまう
こともあるため注意を払う必要もあります。

 

慢性的便秘になってしまうと、
いくら原因・要因を取り除いたからといって
一朝一夕に便秘が解消されるわけではありませんが、
原因・要因を取除くと共に便秘予防に有効といわれる食べ物を食べたり、
適度な運動を取り入れるなどして早期解消を目指しましょう!!

最後にひと言!

慢性的便秘にもいろいろな種類、
そしてさまざまな原因・要因があることを説明してきましたが、
慢性的便秘の中でもっとも多いのが「弛緩性便秘」です。
だったら、解消法は至って簡単!運動すればいいんじゃない?
そう考える方も多いことでしょう。

 

確かに運動不足が原因ですから、運動する習慣をつけることで
解消へと向かっていくはずですが、
高齢者で思うように体を動かすことができない方や
寝たきりのため「弛緩性便秘」になっている方も多いのです。
そんな方は、運動不足が原因だから「体を動かしなさい。運動しなさい」と
いわれても困ってしまいますよね。

 

では、どうすれば?

 

介護なさっている方やご家族の方が、
排便を促すための「の」の字マッサージなどをしてあげるのが良い
と便秘解消の達人は思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

便秘解消の達人が選んだNo1便秘茶はこちら

関連ページ

頑固な便秘に試して欲しい便秘解消法
頑固な便秘の原因は「ねじれ腸」や「落下腸」は、日本人特有の原因がある人も多く、もし、こういった「腸の形」に問題がある場合は・ねじれ腸解消運動 ・落下腸マッサージなどを試してみる事をおすすめします。
なかなか出ない人向けとっておきの便秘解消法
便が既に肛門の近くまで来ているのに「なかなか出ない」という経験のある方は多いと思います。力の限り目一杯力むのではなく、肛門周辺の筋肉をほぐすために、出したり引っ込めたりを繰り返すなどの方法があります。それでも出ない人は「摘便」という方法を試してみることをおすすめします。